「楽しく」「効率良く」「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
GOバトルリーグ

【ポケモンGO】カイリキーPvPの強さ・最適技と対策ポケモン!マスターリーグで活躍!


GOバトルリーグのマスターリーグ(PvP対戦:CP無制限)で活躍する「カイリキー」を紹介します。

「カイリキー」の強さ・最適技と、敵(相手)として登場する場合の対策ポケモンについて解説します。


カイリキー基本情報と覚える技

カイリキー

種族値

攻撃 防御 HP 最大CP
234 159 207 3056

「カイリキー」のタイプ相性(弱点と耐性)

攻撃を受けたときに大ダメージ「効果はばつぐんだ!」となる弱点タイプと、ダメージが減少する「効果はいまひとつだ…」となる耐性タイプ一覧です。

弱点 効果はばつぐんだ!
x2.56
効果はばつぐんだ!
x1.6
耐性 効果はいまひとつだ…
x0.625
効果はいまひとつだ…
x0.391
効果はいまひとつだ…
x0.244

トレーナーバトル:覚えるわざデータ

ノーマルアタック
わざ 威力 時間 Ene DPT EPT
10.4 2.0 7 5.2 3.5
6 2.0 7 3.0 3.5
スペシャルアタック
わざ 威力 必要
Ene
DPE
130 45 2.9
117 50 2.3
65 35 1.9
80 45 1.8
70 50 1.4
赤字は「タイプ一致の1.3倍」が適用された威力/DPT/DPE

カイリキーの強さ

かくとう技が多くのポケモンに刺さる

「カイリキー」は伝説ポケモンが多く登場するマスターリーグでは決して種族値(ステータス)は高くありません。

そんなステータスの劣勢があっても活躍できる要因に「かくとう」タイプであることがあります。

「かくとう」技はディアルガやメルメタルなどよく選出される「はがね」タイプポケモン、そして「ノーマル」タイプのカビゴンの弱点となり、「カイリキー」の攻撃はこれらのポケモンに刺さります!

クロスチョップが高性能

「かくとう」タイプのポケモンであれば他にもローブシンやルカリオが存在します。

しかし、それらポケモンよりカイリキーが優れている点はスペシャルアタック(ゲージ技)に「クロスチョップ」を覚えるところです。

撃つまでのエネルギー(ゲージ)が 35 と最速レベルであり、かつ威力も高めなので、効率よく相手にダメージを与えることができます!


最適技

ノーマルアタックは「カウンター」

ノーマルアタック(通常技)は技の中でも非常に高威力です。

「かくとう」タイプを弱点とするポケモンとのバトルでは、この「カウンター」の連打でもかなりのダメージを与えることができます。

開放おすすめ技は「いわなだれ」

「クロスチョップ」は採用するとして、できれば開放して「いわなだれ」を覚えさせることがおすすめです。

カイリキーが苦手とする主なポケモンに「トゲキッス」と「ギラティナ」が存在しますが、「いわなだれ」を使うことでトゲキッスには効果抜群、ギラティナにも等倍でそれなりのダメージを与えることができます。

これにより対応できるポケモンが広がります。

▼おすすめ技
ノーマルアタック
(わざ1)
スペシャルアタック
(わざ2)
セカンド
スペシャルアタック
(わざ3)

バトル有利・互角に戦えるポケモン

マスターリーグによく選出されるポケモンの中から、「カイリキー」が有利にバトルできる主なポケモンです。

▼対面有利なポケモン
カビゴンかびごん
メルメタルめるめたる
ヒードランひーどらん
ドサイドンどさいどん
ダークライだーくらい

また、互角にバトルできシールドを使用するなど場合によっては勝利することができる主なポケモンは以下です。

▼互角にバトルできるポケモン
ディアルガでぃあるが
メタグロスめたぐろす

マスターリーグでよく選出される最強の一角である「ディアルガ」「カビゴン」「メルメタル」あたりと互角以上にバトルできる点は非常に魅力的です!

バトルに不利/対策となるポケモン

カイリキーを使う場合にバトルで不利となるポケモンです。「カイリキー」を敵としてバトルするときの対策ポケモンにもなります。

ポケモン おすすめ技 ポイント
ギラティナ
(オリジン)
ぎらてぃな
(おりじん)

  • 「かくとう」技に2重耐性あり
トゲキッスとげきっす

  • 「かくとう」技に2重耐性あり
  • 「あまえる」が効果抜群で強力
  • 「いわなだれ」は弱点となるため要注意
ミュウツーみゅうつー

  • 「かくとう」技に耐性あり
  • 「エスパー」技が効果抜群かつ強力
ルギアるぎあ

  • 「かくとう」技に2重耐性あり
  • 「エスパー/ひこう」技が効果抜群
  • 「いわなだれ」は弱点となるため要注意
カイリューかいりゅー

  • 「かくとう」技に耐性あり
  • 「いわなだれ」は弱点となるため要注意
ギャラドスぎゃらどす

  • 「かくとう」技に耐性あり
  • 「いわなだれ」は弱点となるため要注意

対策のポイント

カイリキーとのバトルを想定して対策する場合は、カイリキーの強力な「かくとう」技にタイプ耐性のあるポケモンがおすすめです。

ギラティナ・トゲキッスがおすすめ

「ゴースト」タイプを持つ「ギラティナ・オリジンフォルム」がタイプ2重耐性を持ち攻撃面も優秀であり、他のポケモンにも幅広く対応できるためおすすめです。

「トゲキッス」も同じく「かくとう」2重耐性持ちで、それ以外にも「ドラゴン」タイプキラーとして他のポケモンにも対応できます。ただし、カイリキーの「いわなだれ」は弱点なため要注意です。

カイリキーを軸としたパーティ例

「カイリキー」はマスターリーグでよく選出される多くのポケモンに刺さるため、選出おすすめポケモンです。

この「カイリキー」を軸(中心)にパーティを作る場合のおすすめ構成を紹介します。ポイントは苦手となる「ギラティナ」「トゲキッス」あたりを他のポケモンでカバーする点です。

▼パーティ例1
カイリキーかいりきー
メルメタルめるめたる
トゲキッスとげきっす

ギラティナに「トゲキッス」、トゲキッスなどの「ひこう」タイプポケモンに「メルメタル」で対応できます。

▼パーティ例2
カイリキーかいりきー
カビゴンかびごん
ドサイドンどさいどん

幻・伝説ポケモンを入れないパーティです。ギラティナを「カビゴン」で、トゲキッスなど「ひこう」タイプポケモンを「ドサイドン」で対応します。ドサイドンのノーマルアタックは「うちおとす」にしておきます。

ただし、相手のパーティにも「カイリキー」がいたときは有効打がないため、同じ「カイリキー」を出してミラーバトルでなんとか突破する必要があります。

▼パーティ例3
カイリキーかいりきー
カイリューかいりゅー
ジバコイルじばこいる

幻・伝説ポケモンを入れないパーティ例第2弾です。「カイリュー」を入れることでギラティナとカイリキーに対応できます。

トゲキッスなど「ひこう」タイプポケモンには、ドサイドン以外に「ジバコイル」や「マンムー」の選出もアリです。

最新記事

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ポケらく全体に言えることですが、相性の間違いが多過ぎます。

    ギャラドスの項目にある
    「かみくだく」が効果抜群

    これ、真逆です。
    かくとうタイプに対してあくタイプ攻撃はいまひとつです。

    • ポケらく(管理人) より:

      申し訳ありません…
      「かみくだく」はご指摘の通りなため修正(記載の削除)をしました
      どうもありがとうございます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。