「楽しく」「効率良く」「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
GOバトルリーグ

【ポケモンGO】タチフサグマがハイパーリーグで活躍!おすすめ技と対策・パーティ構成例


GOバトルリーグのハイパーリーグ(PvP対戦:CP2500以下)で活躍する「タチフサグマ」を紹介します。

「タチフサグマ」を使う場合の最適技と有利/不利となるポケモン、そしてパーティ構成例について解説します。

【最新更新情報】
6月5日 おすすめ技にダストシュート情報も追加

タチフサグマの基本情報と覚える技

タチフサグマ

種族値 & ランキング

種族値と全 854種類 のポケモンにおける順位(ランキング)です。

種族値 順位
攻撃 180 344 / 854
防御 194 153 / 854
HP 212 125 / 854
最大CP 2652 228 / 854

「タチフサグマ」のタイプ相性(弱点と耐性)

攻撃を受けたときに大ダメージ「効果はばつぐんだ!」となる弱点タイプと、ダメージが減少する「効果はいまひとつだ…」となる耐性タイプ一覧です。

弱点 効果はばつぐんだ!
x2.56
効果はばつぐんだ!
x1.6
耐性 効果はいまひとつだ…
x0.625
効果はいまひとつだ…
x0.391
効果はいまひとつだ…
x0.244

トレーナーバトル:覚えるわざデータ

ノーマルアタック
わざ 威力 時間 Ene DPT EPT
8 2.0 7 4.0 3.5
3 1.0 3 3.0 3.0
スペシャルアタック
わざ 威力 必要
Ene
DPE
195 80 2.4
65 35 1.9
130 75 1.7
50 35 1.4
赤字は「タイプ一致の1.3倍」が適用された威力/DPT/DPE
(*a) は自分の能力アップ(バフ)効果のある技

タチフサグマの強さ

「かくとう」技が環境に有効

「タチフサグマ」はタイプ一致とはなりませんが「かくとう」のダメージ効率が非常に高いノーマルアタック「カウンター」を覚えます。

「かくとう」技はレジスチルやメルメタルの「はがね」ポケモンやカビゴンに効果抜群です。

広範囲に有効な「つじぎり」

「タチフサグマ」はさらにタイプ一致で必要ゲージが少ない「つじぎり」を覚える点も大きな魅力です。

ハイパーリーグでは「クレセリア」や「アーマードミュウツー」の「エスパー」ポケモンも多く、「つじぎり」が有効です。

「つじぎり」はタイプ一致で高威力となるため、「かくとう」技が効果抜群とならない相手には「カウンター/つじぎり」でガンガン攻めることができます。

耐久も意外と高い

「タチフサグマ」はステータス(種族値)耐久力もそれなりにあります。ハイパーリーグ帯では「アローラベトベトン」と「カビゴン」の間ぐらいの30位前後の高耐久です。

「かくとう」技が2重弱点となるため、シールドでも防ぐことができない「カウンター」技持ちのポケモン(シュバルゴやルカリオなど)には注意する必要がありますが、等倍であればそれなりに受けるダメージも抑えることができます。

おすすめ最適技

▼おすすめ技
ノーマルアタック
(わざ1)
スペシャルアタック
(わざ2)
セカンド
スペシャルアタック
(わざ3)
または

ダストシュートとクロスチョップどちらにするか

開放技を「ダストシュート」にするか「クロスチョップ」にするかは悩みどころです。以下の特徴があります。

特徴
  • 主に「フェアリー」「くさ」ポケモンに効果抜群
  • 撃つまでの必要ゲージ多め
  • 苦手の「フェアリー」に有効打となる点は魅力だが撃つ前に倒されてしまうことも
  • タイプ一致ではないため威力は低め
  • カビゴンやレジスチルなどには「つじぎり」より少しダメージ効率高くなる
  • タチフサグマ同士のミラー戦にも有効
  • 「つじぎり」のバフ効果に期待した攻撃スタイルだと撃つ場面は少ない

判断ポイントをまとめると以下です。

  • 少しでも「フェアリー」に対応したい
    ➡︎ ダストシュート
  • タチフサグマ同士のバトルで有利になりたい
    ➡︎ クロスチョップ
  • 「つじぎり」主体の攻撃する
    ➡︎ どっちでもいい

「フェアリー」ポケモン(トゲキッス・ピクシー・グランブルなど)と「タチフサグマ」どちらが流行っているかを見極めて決めるのもいいと思います。

対面有利なポケモン

ハイパーリーグによく選出されるポケモンの中から、「タチフサグマ」が有利にバトルできる主なポケモンです。

▼対面有利となる主なポケモン
ギラティナ
(オリジン)
ぎらてぃな
(おりじん)
ベトベトン
(アローラ)
べとべとん
(あろーら)
アーマード
ミュウツー
あーまーど
みゅうつー
カビゴンかびごん
メルメタルめるめたる
ギャラドスぎゃらどす
ラプラスらぷらす

環境トップクラスのギラティナアナザー ・アローラベトベトン・クレセリア・アーマードミュウツー・カビゴンあたりと五角以上のバトルができる点は非常に大きな魅力です。

またレジスチルに有効打はあるものの「きあいだま」を受けると一撃で倒されます。メルメタルの「ばかぢから」は一発であれば耐えるのでシールドを使えば有利にバトルを進めることができます。

バトルに不利/対策ポケモン

「タチフサグマ」を使う場合にバトルで不利となるポケモンです。「タチフサグマ」を敵としてバトルするときの対策ポケモンにもなります。

ポケモン おすすめ技 ポイント
ニョロボンにょろぼん

  • 「ばくれつパンチ」が効果絶大
  • タチフサグマの技に弱点なし
トゲキッスとげきっす

  • 「あまえる」が高威力&効果抜群
  • タチフサグマの「あく・かくとう」技にタイプ耐性あり
ピクシーぴくしー

  • 「あまえる」が高威力&効果抜群
  • タチフサグマの「あく・かくとう」技にタイプ耐性あり
シュバルゴしゅばるご

  • 「カウンター」が効果絶大
  • タチフサグマの技に弱点なし

「タチフサグマ」の技を弱点としない相手には苦戦します。さらに上記のように「かくとう・フェアリー」技でこちらが弱点を突かれると圧倒的不利となるため要注意です。

パーティ構成例

▼伝説ポケモンありパーティ

「タチフサグマ」が苦手とする対「フェアリー」用に「はがね」ポケモンのレジスチル、対「かくとう」用に「エスパー」ポケモンのアーマードミュウツーを入れています。

「タチフサグマ」を初手にするともし不利となった場合にシールドの消費か交代しても相手に追われる展開になりそうなため、シールドを残して後半に出す戦い方が有効そうです。

▼伝説ポケモンなしパーティ

「タチフサグマ」が苦手とする対「かくとう」用にトゲキッス、その他幅広く対応できる「ラグラージ」を入れています。

最初にトゲキッスを出し、出し負けたら「タチフサグマ」に交代します。その後相手がタチフサグマが苦手とするポケモンを出してきた場合はシールドを使わずできるだけ相手のHPを削って倒されて、その後トゲキッスとラグラージで挽回する作戦のパーティです。

タチフサグマは育成すべき?

「タチフサグマ」はハイパーリーグ用にゲット&強化おすすめのポケモンです!

技の性能が優秀&有効範囲が広く多くのポケモンをガンガン倒していく性能と強さを持っています。

GOバトルリーグのランク上位となると上手く立ち回る必要があり、相手の「かくとう」技にも要注意ですが、スペシャルアタックの「かくとう」技であればシールドで防ぐ戦法を取ることで相手を倒せる場面が多くなります!

タチフサグマ・GOバトルリーグ情報

【ポケモンGO】タチフサグマ入手方法とPvP用最適個体値ランキング表【ポケらく】「ジグザグマ(ガラルのすがた)」から進化しハイパーリーグで活躍する「タチフサグマ」のハイパーリーグ/スーパーリーグ用最適個体値を紹介します。...
【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめポケモン!活躍度ランキング別に紹介【ポケらく】GOバトルリーグでも採用される「ハイパーリーグ(CP2500以下)」におすすめのポケモンを紹介します。最適技とバトルで有利・不利なポケモンも紹介します。...
【ポケモンGO】GOバトルリーグ開催スケジュール・やり方・おすすめポケモンまとめ【ポケらく】GOバトルリーグのスケジュール・やり方と本サイトのリーグ別おすすめポケモンのページリンク集です。...

ポケモンGOデータベース

おすすめ育成ポケモン

色違い情報

おすすめお役立ち情報

各種ランキング

初心者向けガイド

最新記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。