「楽しく」「効率良く」「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
GOバトルリーグ

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめパーティ!流行・定番型から出し負け対応・能力ダウン戦略編成を紹介


GOバトルリーグ・ハイパーリーグのおすすめパーティ構成をバトルスタイルや目的別に紹介します。

必ず勝てる、あるいは勝率5割以上を確実に維持キープできるパーティというのは存在しませんが、パーティ構成方法も解説しますので、パーティを組む際の参考にどうぞ!

▼ハイパーリーグおすすめポケモンはコチラ
【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめポケモン!活躍度ランキング別に紹介【ポケらく】GOバトルリーグでも採用される「ハイパーリーグ(CP2500以下)」におすすめのポケモンを紹介します。最適技とバトルで有利・不利なポケモンも紹介します。...
【最新更新情報】
6月8日 シーズン2おすすめパーティを追加

シーズン2おすすめパーティ

シーズン2で流行っている、あるいは流行っているパーティに対応していくおすすめパーティです。

タチフサグマ・クレセリア・ラグラージ

6月3日に初登場した「タチフサグマ」を使うパーティです。現在は初手で使われることが多いです。

「タチフサグマ」は耐久力がそこそこあり、かつ攻撃範囲が広くリーグ環境トップのポケモンに有効な点が魅力ですが、「かくとう」2重弱点に要注意です。

「タチフサグマ」で出し負けたときは「クレセリア」へ交代します。「クレセリア」はリーグトップの高耐久であり「ムーンフォース」による相手能力攻撃1段階ダウン効果(発動確率30%)がかなり強力です。

相手の後ろからレジスチルなど「はがね」ポケモンがくると対応が苦しいので、幅広く対応できる「ラグラージ」を入れています。

シュバルゴ・クレセリア・レジスチル

「シュバルゴ」は覚える技ドリルライナーの強化により、このシーズン2から使用率が増えてきました。

「シュバルゴ」は「かくとう・じめん・むし」技持ちで攻撃が有効となるポケモンが多く、非常に活躍範囲が広いです。

パーティとしては「シュバルゴ」が苦手とする「ほのお・みず」系ポケモン、「かくとう」ポケモンへの補完として「ギラティナ」と「トゲキッス」を入れています。

ニョロボン・レジスチル・ラグラージ

「タチフサグマ」や「シュバルゴ」が増え相変わらず「はがね」ポケモンも多い環境に対応すべく、「かくとう」タイプの「ニョロボン」を最初に出すパーティです。

「ニョロボン」がフェアリーやエスパーなど明らかに出し負けたときは、「レジスチル」は温存したいので「ラグラージ」へ交代します。

このパーティは最初に「くさむすび・クレセリア」が来るとかなり厳しいため、これに対応したい場合は「ラグラージ」を「アローラベトベトン」や「カビゴン」あたりにするのもアリです。

定番型・伝説ポケモンありパーティ

ハイパーリーグも環境トップクラスの強さを誇るポケモンは伝説ポケモンが使われています。

それら伝説のポケモンをパーティ構成に組み込んだ、幅広いポケモンに対応できるパーティを紹介します。

ラグラージ・レジスチル・ギラティナアナザー

弱点が少なく攻撃範囲の広い「ラグラージ」を軸とした構成です。

「ラグラージ」が苦手とする「ギラティナアナザー」や「フェアリー」系ポケモンを「レジスチル」で対処し、「レジスチル」が苦手とする「ラグラージ」や「リザードン」が後ろから出てきた場合は「ギラティナアナザー」で対処します。

最初の「ラグラージ」が出し負けたときはすぐに交代せず、できるだけ相手にダメージを与えて倒されるか交代受けを狙う立ち回りがおすすめです。

「ギャラドス」に有効打を持つポケモンがいないため要注意です。技発動回転率が速いギラティナアナザーの「ドラゴンクロー」、ラグラージの「ハイドロカノン」、レジスチルの「ラスターカノン」あたりでHPを削って対応します。

「ギャラドス」への対応としてレジスチルを「メルメタル」に変更する構成もアリですが、パーティ全体の耐久力は少し下がります。

レジスチル・ギラティナアナザー・トゲキッス

ハイパーリーグ最高耐久力の「レジスチル」を軸としたパーティです。

レジスチルが苦手とする「ニョロボン」や「ラグラージ」を「トゲキッス」で、「リザードン」や「バクフーン」を「ギラティナアナザー」で対処します。

最初の一手に「レジスチル」を出す場合、相手の後ろから出てくるレジスチルやメルメタルなどの「はがね」ポケモンの対処が苦しい点に要注意です。

できれば「レジスチル」にシールドを使わせる・残しておく立ち回りがおすすめです。

ラプラス・メルメタル・リザードン

ハイパーリーグ屈指の耐久力を誇る「ラプラス」を軸としたパーティです。

ラプラスは相手の「ギラティナアナザー」に対しては圧倒的に強く、「レジスチル」に対しても「なみのり」である程度ダメージを与え、「フェアリー」系ポケモンにも互角以上のバトルができます。

ラプラスが苦手とする「はがね」系やアーマードミュウツーあたりは「リザードン」でカバーします。

相手が「ニョロボン」を出してきた場合は対処がかなりキツイです。「ばくれつパンチ」を上手くリザードンで交代受けするなどして乗り切る必要があります。

できればレジスチルを使いたい

ここまで紹介したパーティには「レジスチル」が多く入っています。

「レジスチル」はパーティに確定で入れておきたいぐらい、ハイパーリーグでは頭ひとつ抜けた強さを誇っています。

強化や技開放の「ほしのすなとアメ」は多く必要ですが、代わりとなるポケモンは存在しないほどの強さなため、できれば1体はゲット&強化がおすすめです。

手持ちにない場合はフレンドのポケモン交換でもゲットできますが、図鑑未登録のポケモン交換には非常に多くの「ほしのすな」が必要です。

時間をかけてでもゲットする価値はあるため、大親友まで仲良しレベルを上げても交換もありです。レジスチルをゲットできるレイドバトルが実施されれば良いんですけどね…

出し負け対応型パーティ

最初の1体のバトルで不利になる(=出し負ける)と有利対面への変更が難しく、負けてしまう… と感じる・経験をしている方も多いと思います。

最初の1体目のバトル(初手対面)でどのポケモンにもほぼ勝てるポケモンというのは存在しません。ここでは、出し負けても次の交代先のポケモンで立て直しを目指していくパーティです。

▼ここでの出し負け対応型とは
  • 1体目のポケモンで出し負けてもすぐに2体目に交代し立て直す
  • 交代したポケモンが先に倒されてもシールド数有利を取りつつ相手にそれなりのダメージを与えた状況を作る

全てのポケモンに勝てるポケモンは存在しません。また、流行りやポケモンの新規追加により状況が変わる可能性もありますのでご注意ください。

ピクシー・アーマードミュウツー・メルメタル

「アーマードミュウツー」は出し負け時の交換先ポケモンとしておすすめです。弱点が少なく強烈な「サイコブレイク」とはがねポケモンに有効な「ばくれつパンチ」で攻撃範囲も広いです。

最初に「ピクシー」を出し、相手の1体目が苦手とする「はがね」ポケモンや「リザードン」が出てきた場合(出し負け)は「アーマードミュウツー」に交代して対処します。

出し勝ちとなり相手が「はがね」ポケモンを出してきた場合は、「ラグラージ」を出して有利対面を守っていきます。

ニョロボン・カビゴン・リザードン

「カビゴン」は弱点が「かくとう」タイプのみ、強力な「のしかかり」が広範囲のポケモンに有効なため、交代先としておすすめです。

最初に「ニョロボン」を出し、相手の1体が苦手とする「ギラティナ」「アーマードミュウツー」「フェアリーポケモン」を出してきた場合は、「カビゴン」に交代します。

最初に出し勝ちし相手が「ギラティナ」に交代してきたらこちらは「カビゴン」、「フェアリー系」に交代してきたら「リザードン」を出して有利対面を守ります。

ラグラージ・アローラベトベトン・トゲキッス

「アローラベトベトン」も弱点が「じめん」タイプのみ、強力なあく技「あくのはどう」が広範囲のポケモンに有効なため、交代先としておすすめです。

最初に「ラグラージ」を出し、相手の1体が苦手とする「ギラティナ」あたりを出しきた場合は、「アローラベトベトン」に交代します。

「ラグラージ」と「アローラベトベトン」の2体が苦手とする「フェアリー」系ポケモンは「リザードン」で対処します。

能力ダウン戦略パーティ

GOバトルリーグ(PvP)では能力がダウンするデバフ技と能力がアップするバフ技が存在します。

このデバフ技を戦略的に使用してバトルを有利に進めることを目的としたパーティ例を紹介します。

クレセリア・ラグラージ・グランブル

確率30%とはいえ、クレセリアの「ムーンフォース」で早めに相手攻撃1段階ダウンが発動すれば多くのポケモンと互角以上のバトルができます。

基本的にクレセリアを最初に出して耐久を活かしながら「ムーンフォース」のデバフに期待してどんな相手が来ても交代せず次のポケモンへつなげるバトルが戦法です。

フリーザー・ニョロボン・メガニウム

フリーザーの「こごえるかぜ」による相手の攻撃1段階ダウン効果が強力です。しかも発動確率100%!

最初に出して相手をどんどん「こごえるかぜ」で攻撃ダウンをさせて受けるダメージを抑えながら攻撃します。

しかしデバフ効果があっても「はがね」ポケモンには不利なため、その場合は「こごえるかぜ」を一発撃ったあとにニョロボンへ交代します。メルメタルは「いわなだれ」が非常に痛いのですぐ交代します。

メルメタル・ギャラドス・リザードン

メルメタルは「ばかぢから」を撃つことで相手ではなく自分自身の攻撃と防御が1段階下がります。これを利用して立ち回りをします。

最初にメルメタルを出し、「いわなだれ」で押せる相手はそのままバトルします。「かくとう」技が有効だったり不利なポケモンが出てきた場合は、高威力の「ばかぢから」を一発撃ってギャラドスと交代します。

能力ダウンとなっても交代して再登場するとリセットされているため、これを利用した撃ち逃げ戦法です。

GOバトルリーグ情報

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめポケモン!活躍度ランキング別に紹介【ポケらく】GOバトルリーグでも採用される「ハイパーリーグ(CP2500以下)」におすすめのポケモンを紹介します。最適技とバトルで有利・不利なポケモンも紹介します。...
▼他リーグのおすすめポケモン

以下にGOバトルリーグ開催スケジュール・報酬・各リーグ情報などのページリンクをまとめています。

【ポケモンGO】GOバトルリーグ開催スケジュール・やり方・おすすめポケモンまとめ【ポケらく】GOバトルリーグのスケジュール・やり方と本サイトのリーグ別おすすめポケモンのページリンク集です。...

ポケモンGOデータベース

おすすめ育成ポケモン

色違い情報

おすすめお役立ち情報

各種ランキング

初心者向けガイド

最新記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。