シャドウポケモン

【ポケモンGO】シャドウホウオウはリトレーンすべき? 目的別におすすめを紹介

入手した「シャドウホウオウ」をリトレーンして通常ホウオウにすべきかどうか? について、判断すべきポイントやおすすめなどを紹介していきます。

▼ホウオウ関連情報

目的別の使い分けがおすすめ

コレクション目的の場合、シャドウポケモンはフレンドとのポケモン交換ができないこともありシャドウのままの確保がおすすめです。

バトル向けは一長一短ですが、PvPマスターリーグ向け&リトレーンで個体値100になるなど特定の場合ではリトレーンしてしまうのもアリです。

通常・シャドウのポイントまとめ

フォルムポイント
シャドウ
  • フレンド交換できないこともありレア度高め
  • 特に色違いシャドウをゲットできた場合は非常に貴重で自慢できるレベル
  • バトル向け(PvPマスターリーグ)は強化・アメXL強化・やつあたり変更・特別技習得とハードルが高く、かけるコストに対する見返りが見合わない感あり
通常
(リトレーン)
  • ポケモンGOリリース初期から実装されておりレア度はそれほど高くない
  • PvPマスターリーグは通常ホウオウのほうが超高耐久という特徴を発揮できる
  • リトレーン後は「(すごい)わざマシンスペシャル」で「おんがえし」を変更できる
  • リトレーンによる個体値+2上昇で個体値100%ホウオウを入手できる可能性が高くなる

シャドウ色違いはリトレーンしないことを推奨

シャドウポケモンはホウオウに限らずですが、フレンドとポケモン交換ができません

そのため「色違いシャドウポケモン」は自力でゲットした証明であり、通常色違いよりレア度が非常に高いです。

「色違いシャドウホウオウ」を入手できた場合は周りに自慢できるレベルなので、シャドウのまま確保しておくことを強くおすすめします

▼色違いはリトレーンせず確保しておきたい

リトレーンして個体値100をゲットできる場合

これは個人の好みにもよりますが、主にコレクションやPvPマスターリーグ使用目的でリトレーン(通常)でも個体値100%を所有したい』場合は、リトレーンしてしまうのもアリです。

リトレーンをすると、「攻撃/防御/HP」の各個体値ステータスが +2 されます。

これにより個体値「13/13/13」以上のシャドウホウオウをゲットできれば、リトレーンすることで個体値100の通常ホウオウをゲットできます。

▼リトレーンで個体値100になる場合はアリ

マスターリーグ向けは通常でもOK

「ホウオウ」が活躍できるバトルは PvP GOバトルリーグ・マスターリーグ です。レイドバトルアタッカーはシャドウでも火力不足のためおすすめできません。

▼ホウオウのバトル別おすすめ技と強さ解説
【ポケモンGO】ホウオウのバトル別おすすめ技と強さ:高い種族値を活かしてPvPで活躍!【ポケらく】ポケモンGO「ホウオウ」の最適おすすめ技とバトルでの活躍場面(使い道)を紹介します。種族値・覚える技性能も紹介しながら解説します。...

バトルではシャドウポケモンを使用することで、攻撃がアップし耐久がダウンする状況になります。

シャドウポケモンの特徴

攻撃力アップ
(与えるダメージ)
1.2倍
防御力ダウン0.83倍

マスターリーグ向けはシャドウと通常(リトレーン後)でどうするか悩みどころです。

ただし以下の点から無理にシャドウを育成する必要性はない(リトレーンしてもOK)と考えます。

マスターリーグ向けにシャドウホウオウを育成しなくても良い理由

  • シャドウだとホウオウの大きな特徴である超高耐久を発揮できなくなる
  • ほしのすな・アメ・アメXLの育成コストが高くなる
  • 強化にかけるコストに見合う明確なメリットがないため無理に育成する理由がない

PvP・GOバトルリーグでのシャドウポケモンは一長一短であり、一概に『シャドウのほうが良い』と言い切ることができません

ほしのすなやアメXL集めなどをできる余裕があればシャドウホウオウを育成するのもアリですが、そうでなければ他のポケモンのフル強化に「ほしのすな」などを優先して使用することをおすすめします。

▼参考:マスターリーグおすすめポケモン
【ポケモンGO】マスターリーグ開催期間&おすすめポケモンランキング:育成すべきポケモンを紹介GOバトルリーグ・マスターリーグの最強ポケモンをランキング(ランク別)に紹介します。...

関連情報まとめ

▼ホウオウ関連情報

GOロケット団対策

色違い情報

ポケモンGOデータベース

おすすめ育成ポケモン

おすすめお役立ち情報

各種ランキング

初心者向けガイド

最新記事
この記事を書いた人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です