「楽しく」「効率良く」「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
アメ

【ポケモンGO】アメは何個ためておけばいい? 目的別に方針を伝えるよ!


ポケモンGOの楽しみの一つといえば、ポケモンの「育成」です! お気に入りのポケモンへ進化させたり、バトルで活躍させるために強化したりなど楽しすぎます!!

そして、ポケモンの進化と強化で必要なのが「それぞれのポケモンのアメ」です。ただし、ポケモンのアメを「どれぐらいためれば良いのか?」また「どれぐらい残しておくと良いのか?」あたりは悩みどころです。

まず話が長くなる前に、結論としてためるべきアメの数の方針を以下に記載します。

  • 1体ガッツリ進化&強化させるならアメ300個は確保しておく
  • ジムの攻撃/防衛などで複数体育成するならアメ1,000個は確保しておく
  • 今後新しい世代追加で進化先が増えるポケモン最低300個は確保しておく
  • 初心者フレンドと育成済みポケモンを交換したいならプラス300個確保しておく

それぞれの理由と詳細について、以降詳しく説明していきます。


進化と強化に必要なポケモン1体あたりのアメの数を把握する

ポケモンのアメは主に進化と強化に使います。「進化」は第1進化形/第2進化形へとポケモンが進化するために必要です。「強化」はポケモンのレベルが上がり、ポケモンごとに異なりますが攻撃力/防御力/スタミナ(HP)が上がります。

「進化」に必要なアメはポケモンごとに異なる

「進化」に必要なポケモンのアメはポケモンごとに異なりますが、いくつか代表的なパターンがあります。それぞれの進化パターンで必要なポケモンのアメを見てみます。

進化パターン 必要なアメ ポケモン例
2段階進化 25 + 100 の
合計 125
フシギダネ/ワンリキー/ミニリュウ/ヨーギラス など多数
1段階進化 50 ラッキー/ポリゴン/ストライク/キノココ など多数
アメ400個
ポケモン
400 コイキング/ホエルコ/チルット
進化なし 0 カビゴン/ラプラス/ミュウツー/ミュウ など多数

上記の中でもよくあるパターンのポケモンが「2段階進化」ポケモンです。ですので、1匹の最終進化までに必要なポケモンのアメは125個というのが一つのアメを確保しておく目標値になります。


「強化」に必要なアメは育成したいポケモンレベルにより変わる

強化に必要なアメは、「どのポケモンレベル(PL)から」「どのPLまで強化するか」によります。低いCP(PL)から高いCP(PL)へ強化しようとすると多くのアメが必要になります。

良くあるパターンとして、「どのPLから強化するか」というのは、フィールドリサーチのリワードでゲットする PL15 またはタマゴふかでゲットできる PL20 が目安になります。高個体値のポケモンを入手しやすいですからね。

「どのPLまで強化するか」というのは、効率よく能力が上がる上限となる PL30、またはほぼ能力値はMAXだけどアメをかなり節約できる PL35 がオススメです。

それぞれの強化パターンで必要なアメの数を一覧にすると以下になります。

強化パターン 必要なアメの数
PL15 → PL30 86
PL15 → PL35 150
PL20 → PL30 66
PL20 → PL35 130

オススメは PL35 までの育成ですので、できれば強化のためのアメは1体あたり150個以上は確保しておきたいですね!


同じポケモンを何体育成するかを決める

およそ進化と強化に必要なアメを把握したとしても、そのポケモンを何体強化するか」で必要なアメの数は変わってきます。

趣味枠や色んなポケモンを使いたいから1体育成であれば300個が目安

「高個体値ポケモンを入手できたら強化したい」とか「色んなポケモンを強化したい」ということであれば、強化は1体ずつで良いでしょう。

1体をガッツリ進化&強化する場合、「125 + 150 = 275個」のアメが目安です。ざっくり300個と覚えておきます。

ジムの攻撃や防衛で複数体使いたいのであれば1,000個が目安

ジムバトルやジムの防衛で複数ポケモンを使いたいという方もいるでしょう。バトルであればかくとうタイプの「カイリキー」は大活躍ですし、防衛であればHPオバケの「ハピナス」は崩されにくいです。

ただし、よほどガチでレイドバトルのソロレイドをやり込むとかでなければ、よく使うポケモンとしても3体いれば十分です。ジムバトルでも「カイリキー」以外のポケモンも揃えたほうが早く倒せますし、防衛もすでに「ハピナス」が置かれているジムも多いでしょうから、他のポケモンも育てておきたいところです。

3体のポケモンとなると、先ほど1体の進化&強化でおよそアメ300個と計算しましたから、「300 × 3 = 900個」のアメがほしいところです。これもざっくり1,000個と覚えておきましょう。


今後の新世代追加で進化ポケモンが新たに出現するか把握する

ここまでが基本ですが、1つ目の落とし穴があります。それは、新しい世代のポケモンが追加されたらアメが必要になったという状況です。

新しい世代が追加されてから慌ててアメを集めるのではなく、できればその前に余裕を持って集めておきたいところです。

次の世代で進化するポケモンを調べて、1体の進化&強化あたりアメ300個」を目安にアメを確保していきましょう。


初心者フレンドとのポケモン交換で育成後ポケモンを交換するのであればさらに確保する

そして落とし穴2つ目です。家族や親しい友人など、一緒にジムバトルやレイドバトルができる初心者フレンドができたとします。

そうした場合、手っ取り早くバトルで活躍してもらうには育成済みのポケモンを交換して使ってもらうのが一番の近道です。そうすることで、初心者フレンドさんにもポケモンGOの楽しさを感じてもらえますしね!

そうなると、その初心者フレンドさんと交換するポケモン育成分のアメも必要になります。レイドバトルやジムバトルでよく活躍するポケモンのアメは、最低1体分(≒300個)は確保しておくことをオススメします。


まとめ:とりあえずこれだけためておけばOK!

ということで、最初に記載した結論の再掲となりますが、確保しておくべきポケモンのアメは以下が方針となります。

  • 1体ガッツリ進化&強化させるならアメ300個は確保しておく
  • ジムの攻撃/防衛などで複数体育成するならアメ1,000個は確保しておく
  • 今後新しい世代追加で進化先が増えるポケモン最低300個は確保しておく
  • 初心者フレンドと育成済みポケモンを交換したいならプラス300個確保しておく

もちろん、進化や強化の必要がない/興味のないポケモンはアメをためる必要はありません。また、コイキングやホエルコのように1回の進化でアメ400個必要なポケモンもいますので、その場合はさらに必要になります。

これらを覚えて、アメを確保したいポケモンを選別し、「パイルのみ」を有効に使ってポケモンのアメをためていきましょう!

【ポケモンGO】強化に必要な「アメ」と「ほしのすな」一覧。PLごとの数とキラポケモンにも対応! ポケモンの強化に必須となる「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」。色んなポケモンを進化・強化してるとすぐなくなってしまうんですよね。 ...

ポケモンGOデータベース

おすすめ育成ポケモン

色違い情報

おすすめお役立ち情報

各種ランキング

初心者向けガイド

最新記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。