「楽しく」「効率良く」「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
わざ(アタック)

【ポケモンGO】「しっぺがえし」はどんな技になりそう?原作と実装済みの技から考察

2月のコミュニティデイ大量発生ポケモンは、ポケモンGOトレーナー(ユーザー)による投票制での決定となりました!

そこでひとつ気になるのが、「ワンリキー/ゴーリキー」を進化させたときに「カイリキー」が覚える特別限定技「しっぺがえし」の性能です。

しかし、「しっぺがえし」はまだポケモンGOに実装されておらず性能が判明していません。ここでは、原作(ゲーム)での「しっぺがえし」の特徴や実装済みの技から「しっぺがえし」がどのような技になるか予想・考察をします!


原作で似た技を確認すると…

「しっぺがえし」はポケットモンスターの原作ゲームではざっくり以下のような特徴があります。

原作での性能です
タイプ 威力 効果
しっぺがえし 50 相手よりあとに攻撃できると威力が2倍になる

高威力ではありませんが、特定の条件で威力が2倍になるという特徴を持っています。

この「しっぺがえし」と似たような特徴がある技は少ないのですが、既にポケモンGOに実装されている技を見てみると以下の技が確認できます。

原作での性能です
タイプ 威力 効果
ゆきなだれ 60 相手から技を受けていると、そのターンは威力が2倍になる

威力は近いです。効果は異なりますが、特定の条件で威力が2倍になるという点は同じです。そのため、ポケモンGOでも「しっぺがえし」は「ゆきなだれ」と似たような威力・性能となる可能性があります!

類似技のポケモンGOでの性能

原作で特徴が似ている「ゆきなだれ」のポケモンGOでの性能は以下です。

ポケモンGOのジム・レイドバトルの性能を表示しています。
わざ タイプ ジム・レイドバトル
ゲージ 威力 硬直時間 DPS
90
1.5
33.3

「ゆきなだれ」は2ゲージ技としては威力が高く非常に優秀な技です。

上のデータはジム・レイドバトルですがトレーナーバトル(PvP)でも高性能で「こおり」タイプ最強のスペシャルアタックと言っても過言ではありません。

…ということは「しっぺがえし」も2ゲージ技で高性能となる可能性がありますね!

既存あくタイプ技を見ると…

「しっぺがえし」は「あく」タイプの技です。既にポケモンGOに実装されている「いわ」タイプのスペシャルアタックを見てみます。同じような性能の技があれば実装されない可能性もあります。

わざ ジム・レイドバトル トレーナーバトル
ゲージ 威力 DPS 威力 Ene DPE
あくのはどうあくのはどう
80
26.7
80
50
1.6
イカサマいかさま
70
35.0
70
45
1.6
かみくだくかみくだく
70
21.9
70
45
1.6
つじぎりつじぎり
50
22.7
50
35
1.4

「あく」タイプのスペシャルアタックには1ゲージ技が存在していません。このあたりでそろそろ「あく」タイプの1ゲージ技が登場してもおかしくありません。

2ゲージでは「あくのはどう」「イカサマ」がそこそこ高性能な技として既に登場しています。

「あく」タイプでの技の存在バランスを考えると、1ゲージ技の高威力版として「しっぺがえし」が登場してもおかしくないですね。

予想の結論!

予想なので難しいところはありますが、「しっぺがえしは2ゲージの高性能技と結論を予想します!

  • 原作の「しっぺがえし」の威力が高くはない
  • 原作で似た技である「ゆきなだれ」が2ゲージ技

今回は「カイリキー」が覚えるということで、「カイリキー」が活躍するジム・レイドバトルの性能をもとに解説しました。

しかし、「あく」タイプではジム・レイドバトルで既に優秀な2ゲージ技が存在するため、同じ2ゲージ技でもトレーナーバトル(PvP)で追加効果があるような技になる可能性もあると考えます。

あくまで予想・考察ですので外れてもご容赦ください。コミュニティ・デイ投票の参考になれば幸いです!

▼「がんせきほう」の考察はこちら
【ポケモンGO】「がんせきほう」はどんな技になる?原作と実装済みの技から考察 こちらのページの内容は「がんせきほう」技性能判明前の予想記事になります。技性能が判明したあとの紹介・解説は以下ページにまとめています...
最新ピックアップ情報
最新記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。