「楽しく」「効率良く」そして「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
コミュニティ・デイ

【ポケモンGO】コミュニティデイ 2020年以降の登場ポケモンを予想!

ポケモンGOで一番魅力あるイベントと言っても良いコミュニティ・デイ! そして気になるのが今後のコミュニティ・デイ開催日程!

現在発表されている開催日程に加えて、過去のコミュニティ・デイ登場ポケモンとポケモンのパターン(特徴)を確認し、今後の登場ポケモンを予想します。



過去の登場ポケモン

2019年10月末時点でコミュニティ・デイは過去22回開催されており、以下21種類のポケモンが大量発生対象として登場しています。

(参考) 過去の開催コミュニティ・デイ一覧

登場ポケモンの特徴

これまで過去にコミュニティ・デイに登場したポケモンは以下の特徴があります。

▼コミュニティ・デイ登場ポケモンの特徴
  • 野生で出現する
  • 各地方(世代)の御三家ポケモン
  • ポケモンの巣が存在しないレアポケモン
  • 2段階進化ポケモン
  • まだ色違いが実装されていないポケモン

御三家ポケモン

過去には、これまで第1世代から歴代の御三家ポケモンが登場しました。

▼カントー地方(第1世代)
フシギダネふしぎだね
ヒトカゲひとかげ
ゼニガメぜにがめ
▼ジョウト地方(第2世代)
チコリータちこりーた
ヒノアラシひのあらし
ワニノコわにのこ
▼ホウエン地方(第3世代)
キモリきもり
アチャモあちゃも
ミズゴロウみずごろう

今後も、シンオウ地方:第4世代以降の以下御三家ポケモンはコミュニティ・デイに登場すると予想されます。

▼シンオウ地方(第4世代)
ナエトルなえとる
ヒコザルひこざる
ポッチャマぽっちゃま
▼イッシュ地方(第5世代)

2段階進化のレアポケモン

御三家ポケモンを除いた登場ポケモンの特徴として、「ポケモンの巣が存在しないレア枠」と「2段階進化するポケモン」があります。

「2段階進化」とは、例えば以下の「ミニリュウ」のように2回進化して最終進化形となるポケモンです。

▼ミニリュウ進化の流れ

これらを考慮すると、この特徴(条件)に該当するポケモンは以下が存在します。

ポリゴンぽりごん
フカマルふかまる
ヒトモシひともし
ヒトモシひともし

ただし、これまで登場したポケモンには1段階しか進化しない「ピカチュウ・イーブイ」とポケモンの巣が存在する「ウリムー」は条件に外れるポケモンとして登場しています。

今後も登場ポケモンの条件が緩和されたり変更して他のポケモンが登場する可能性は十分にあり得ます。そうなると、「ケーシィ」や「サイホーン」なども登場する可能性があるかもしれません。

登場予想ポケモンまとめ

これまで紹介・解説したポケモンをまとめて大胆かつ勝手に予想してみます。これまでの傾向を掴んでいるとはいえ、あくまで予想です。

▼勝手に予想する登場ポケモンと時期
登場予想月 ポケモン
2019年11月
2020年1月
2020年2月
2020年3月
2020年4月
2020年5月
2020年6月
2020年7月
2020年8月

2019年12月は2018年と同様にこれまでコミュニティ・デイに出現したポケモンが大集合すると想定しているため飛ばしています。

「ツタージャ」以降のポケモンは第5世代です。これだけサクサク進むと2020年9月には第6世代が来なければ登場ポケモンがいなくなり、その後もすぐ次の世代へ… となってしまうので、どこかで登場ポケモンの規則性は変更になる可能性もあります。

(参考) 第5世代ポケモンまとめ

予想ポケモンは進化・強化を見送るべき?

コミュニティ・デイに登場するポケモンの最終進化形ポケモンは、イベント中に進化させる事で魅力的な「特別なわざ」を覚えます。

しかも、かなりの高い確率でこれまで覚えるわざよりも強力で高性能なわざを覚える可能性が高いです。これを考慮すると、コミュニティ・デイに登場すると予想されるポケモンを進化させるか・残しておくかは迷うところです。

そこで、自分のポケモンGOスタイル(楽しみ方)に合わせて、進化する・残す判断をすることをおすすめします。

図鑑埋め優先

図鑑埋め や その進化先ポケモンのAR+(GOスナップショット)撮影 をしたいという方は、早くゲットするために進化させちゃいましょう。

ジム・レイドバトルで使うことを考えれば少しでも高CPの方が良いですが、バトルにも利用しない場合はCPや個体値も気にせず進化させて OK です。

バトル優先

バトルで活躍させたい場合は、高個体値のポケモンをゲットしてもコミュニティ・デイまで残しておくことをおすすめします。

せっかくの高個体値であれば、コミュニティ・デイで強力な特別わざを覚えさせて強化してジムバトル・レイドバトルで使っていきましょう。

ただし、バトルでもトレーナーバトル(PvP)のスーパーリーグとハイパーリーグ用は防御・HP種族値が高めで進化後にCP制限を上回らないポケモンがおすすめです。

最新ピックアップ情報
最新記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。