スマホ

【ポケモンGO】ウィジェット機能設定方法とできることまとめ|タマゴふかと相棒の確認


スマホ(iPhone または Android端末)のウィジェットを利用することで、ポケモンGOアプリを開かずに一部の機能を確認することができます。

このポケモンGOウィジェット機能で「できること」や設定方法をまとめて紹介します。


ウィジェットとは? できることまとめ

ここでのウィジェットは「スマホのウィジェット機能」を指しており、ポケモンGO特有の機能を意味しているわけではありません。

iPhone や Android端末 が持つウィジェットでポケモンGOの一部の機能を利用することができます。

ウィジェット機能で「できること」

  • タマゴ孵化状況(孵化までに歩いた距離)の確認
  • 相棒のハート獲得状況(一緒に歩いた距離など)の確認
▼ウィジェット機能の表示

設定手順

ウィジェット機能を設定する流れは以下です。

  1. いつでも冒険モードを設定する
  2. スマホの機能でウィジェット追加画面を表示する
  3. ポケモンGOのウィジェットを選ぶ
  4. ウィジェットをスマホ画面の好きな場所に配置する

1.いつでも冒険モードを設定する

ポケモンGOの「設定」画面から「いつでも冒険モード」が ON になっていることを確認します。

ON にしていても、そもそもタマゴや相棒距離で歩いた距離が反映されない場合は、スマホの位置情報サービス(GPS機能)の設定やスマホ自体の距離計測機能(iPhone はヘルスケア、Android端末は Google Fit)が問題なく動作しているか・連携されているかの確認をおすすめします。

▼ポケモンGO(Niantic)サポートサイトより抜粋

歩いた距離が正しく反映されていない

  • Pokémon GO アプリは、ヘルスケアまたは、Google Fit に連携して移動距離を記録するため、同期に時間がかかることがあり、最新の情報がうまく表示されないことがあります。 その場合は、 アプリの再起動をお試しください。
  • 低電力 (省電力) モードを端末で設定している場合は、いつでも冒険モードの同期に必要なセンサーが無効となり同期がうまくいかないことがあります。 いつでも冒険モードを使用する際は、低電力 (省電力) モードをオフにすることをおすすめします。 ヘルスケアまたは、Google Fit を低電力 (省電力) モードに設定している場合も、いつでも冒険モードに影響することがあるため、設定でオフになっていることを確認してください。 なお、Pokémon GO アプリ内 [設定] のバッテリーセーバーは、いつでも冒険モードには影響しませんのでご安心ください。
  • ご利用端末のヘルスケアまたは、Google Fit ヘ手動で入力されたデータは Pokémon GO アプリ内の記録へ追加されることはありません。

2.ウィジェット追加画面を表示する

こちらは iPhone(Apple端末) と Andoroid端末で操作方法が異なります

基本的にホーム画面を長押しして追加する操作になります。以下に公式の説明サイトやヘルプページを載せておきます。

▼参考サイト

3.ポケモンGOのウィジェットを選ぶ/4.ホーム画面に配置する

ウィジェット画面からポケモンGOのウィジェットを選択してホーム画面に配置すると完了です。

▼以下はiPhoneの選択➡︎配置画面例

関連情報まとめ

【ポケモンGO】くいしんぼうイベント 出現ポケモン・色違い・タスク・ボーナス情報まとめ ポケモンGOで実施される初のイベント「くいしんぼうイベント」が開催です! イベントの開催期間(いつからいつまで)・出現ポケ...

GOロケット団対策

色違い情報

ポケモンGOデータベース

おすすめ育成ポケモン

おすすめお役立ち情報

各種ランキング

初心者向けガイド

最新記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。