「楽しく」「効率良く」そして「ときには熱く」
ポケモンGO攻略情報発信メディア
わざ(アタック)

【ポケモンGO】サイコキネシス2ゲージ化で性能向上!覚えさせたいポケモンは?

9月28日に新規追加わざや既存わざの大きな変更がありました。

【ポケモンGO】9月28日 新技追加・技性能変更・ポケモンの覚える技追加など大幅変更あり! ポケモンGOにて、トレーナーバトル(PvP・GOロケット団)の調整を主目的としたわざ(アタック)の追加・大幅な変更がありました。 ...

変更によるポイントがいくつかありますが、ジムバトル・レイドバトルへの大きな影響は「サイコキネシス」の2ゲージ化です!

「サイコキネシス」の変更によりどのような影響があるのか、どのポケモンに覚えさせるのが良いのかを解説します。



サイコキネシス変更内容

今回発生したエスパータイプのスペシャルアタック「サイコキネシス」のジム・レイドバトルデータの変更点は以下です。

ジム・レイドバトル
変更前 変更後
種類 スペシャルアタック (わざ2)
タイプ
威力 100 90
ゲージ数
(Energy)
発動時間 1.3 1.3
トータル
時間
2.8 2.8
DPS 35.71 32.14

項目説明|DPS・DPEとは

威力は 10 減ったもののゲージ数が2へ増えています。また、「サイコキネシス」の一つの魅力は「発動時間の短さ」にありましたが、これは今回変わっていません。

バトルアタッカー・防衛側への影響

攻撃側はサクサク撃てるように

ゲージが増えて発動時間が変わらないため、「サイコキネシス」を覚えたアタッカー(攻撃側)としてはサクサク撃てるようになり使い勝手が大幅に向上しています。

1ゲージ技だと威力は高くても撃つまでに時間がかかり、ゲージが溜まった状態で倒されてしまう「抱え落ち」が発生しやすくゲージが無駄な状況になりがちでした、

2ゲージ技となったことで「抱え落ち」の心配も緩和されています。DPSは変更後で減っていますが、実際は相手に多くダメージを与えることができるケースが増えたと言えます。

防衛側としてもさらに避けにくい技に

「サイコキネシス」は発動時間が速いため、ジム防衛ポケモンが覚えていると避けにくい技のひとつでした。

それでも「1ゲージ技だしそんなに撃ってこないから何とか倒しきれるか」みたいな感覚がありましたが、2ゲージ技となり防衛ポケモンも短い間隔で「サイコキネシス」をガンガン撃ってくるようになったため、さらに避けるのが厄介でダメージを受けやすくなったと言えます。

ジム・レイドバトルアタッカーで覚えさせたいポケモン

ジムバトル・レイドバトルの攻撃側として「サイコキネシス」を覚えさせたいポケモンを3体紹介します。

ラティオス

ラティオス

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

「ラティオス」は第3世代の伝説のポケモンです。攻撃種族値が非常に高く、他の種族値も高いため耐久力もあります

「サイコキネシス」を覚えることでエスパータイプ最強の一角に入ります。

メタグロス

メタグロス

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

「メタグロス」は「ラティオス」に若干攻撃種族値が劣るものの、全体の種族値は高く「サイコキネシス」を覚えることで同じようにエスパータイプ最強の一角として活躍できます。

エーフィ

エーフィ

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

「エーフィ」は攻撃種族値が非常に高いものの、「ラティオス」「メタグロス」と比較すると耐久力が劣ります。

しかし、相棒として10km連れ歩くことが必要となるものの「イーブイ」から「イーブイのアメ25個」でお手軽に進化できてこれだけ強力なエスパータイプのアタッカーを入手できることは魅力的です。

▼エーフィへの進化方法
【ポケモンGO】イーブイ進化先 全7種類の進化方法と色違い・花飾り姿の入手方法【ポケらく】「イーブイ」の進化先「シャワーズ・サンダース・ブースター・エーフィ・ブラッキー・リーフィア・グレイシア」への進化方法・条件を紹介します。各ポケモンの色違いの姿とおすすめ最適技構成も解説します。...

無理に覚えさせる必要はなし

ここまで紹介してきてなんですが、ジム・レイドバトルのアタッカー用に「サイコキネシス」を無理に覚えさせることは今のところそれほど必要ありません

理由は以下です。

  • 「サイコブレイク」を覚えた「ミュウツー」を持っていればそれで十分
  • エスパータイプの活躍場面がそれほどない

2019年9月に伝説レイドバトルで再登場した「サイコブレイクを覚えたミュウツー」を持っていれば、エスパータイプのアタッカーとしては最強かつ十分です。

また、今後のエスパータイプの活躍場面が無いとは言えませんが、多いこともありません。今のところアタッカーとして優先的に「サイコキネシス」を覚えたポケモンを増やす必要はないです。

ジム防衛で覚えさせたいポケモン

「サイコキネシス」の発動時間の速さを活かそうとすると、覚えさせるポケモンの本命はアタッカーではなくジム防衛と言えます。

良くジムバトルのアタッカーとして選出される「カイリキー」など「かくとうタイプ」の弱点を突くことができるのも非常に魅了的です。

ジム防衛として覚えさせたいポケモンを紹介します。

ハピナス

ハピナス

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

全ポケモンの中で「ハピナス」の耐久力は飛び抜けて文句なしの No.1 であり、「サイコキネシス」を覚えさせてジムに配置したい最有力のポケモンです。

ラッキー

ラッキー

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

「ラッキー」は「ハピナス」の進化前となるポケモンですが、耐久力が高く既に「ハピナス」が防衛ポケモンとして配置されているジムに置くことができます

「ラッキー」のジム防衛時の最適スペシャルアタックも「サイコキネシス」です。

(参考) ポケモン耐久力ランキング

ヤドラン

ヤドラン

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

「ヤドン」からアメ50個で進化できる「ヤドラン」も耐久力がそこそこありジム防衛ポケモンとして「サイコキネシス」を覚えさせての配置がおすすめです。

全く同じタイプ・種族値で同じ技を覚えることができる「ヤドキング」でも OK です。

メタグロス

メタグロス

おすすめ
ノーマルアタック
(わざ1)
おすすめ
スペシャルアタック
(わざ2)

アタッカーでも登場した「メタグロス」はジム防衛でも活躍できます。

「メタグロス」と言えば非常に高威力の特別技「コメットパンチ」に注目が置かれがちですが、発動時間を見ると「コメットパンチ 2.3秒」「サイコキネシス 1.3秒」と圧倒的に「サイコキネシス」のほうが速いです。

ジム防衛ポケモンを増やしたいとき、「メタグロス」をジム防衛として配置したいときは「サイコキネシス」のほうが断然おすすめです。

最新ピックアップ情報
最新記事